子供が安心して使える!おすすめの歯磨き粉紹介します

子供に使わせる歯磨き粉、使うのなら安心して使えるものを選びたいですよね。しかしいざ選ぶとなるとどれを選べばいいのか分かりません。

とりあえず子供用歯磨き粉と書いていたら安心なのでしょうか?

考え方にもよりますが、ハルママは『NO!』だと思います。子供用歯磨き粉もその種類によって、配合成分が違うからです。

では子供用歯磨き粉はどうやって選べばいいのでしょうか?選び方のコツや、おすすめの子供用歯磨き粉を紹介していきます。


どうする?子供の歯磨き粉選び


歯磨き粉には子供用といえど様々な有効成分が配合されています。子供の場合、どんな成分が入っているかで、歯磨き粉の安全性は違ってきます。

配合されている成分の代表的なものはこんな感じです。
  • 泡を出す発泡剤
  • 歯に付いた汚れを取るための研磨剤
  • 歯の再石灰化を促すフッ素
  • 口内環境を整えるキシリトール
  • 歯磨きしやすくするための香料
どの成分も口に含んだからといって問題があるわけではありません。ただ、個人的に小さな子供に使わせるなら避けたいな、と思ってしまう成分もあります。

子供は歯磨き粉を飲み込んでしまうもの


子供ってうまく口をゆすぐことができません。特に小さいうちはうっかり歯磨き粉を飲み込むことが多いです。口の中がいっぱいになったからうっかり飲んじゃった!とか。

だから5歳の子供に使わせる歯磨き粉は飲んでいいもの、口をゆすがなくても問題ないものを選んでいます。
  • 発泡剤
  • 研磨剤
  • フッ素(配合量による)
これらの成分が含まれると、『吐き出す&うがいをする』必要があることが多いです。

もちろん1回間違えて飲んだからといって、子供の体に問題がでる訳ではないです。しかし、飲み込まないことを前提に作られているものを飲み込んで体に良いはずはありません。

また近年では、発泡剤、研磨剤は歯磨き粉に必要ないという意見も多いです。
  • 発泡剤 泡立つことで口内が見づらくなる為、磨いたか磨いていないかの判断がつきにくくなる
  • 研磨剤 子供の柔らかい歯を削る原因となる
だから現在発泡剤、研磨剤が多く配合された歯磨き粉は避けていますね。今後使うとしても低研磨、低発泡まで!やはり安心して使用できる歯磨き粉を選びたいです。

子供が使っても安心!おすすめの歯磨き粉

  • 研磨剤や発泡剤の配合ができるだけ少ない
  • 子供が美味しく楽しく歯磨きできるか
これらを踏まえつつ、子供におすすめの歯磨き粉を紹介しますね!一応使うことができる年齢も合わせて記載しております。

できるだけおすすめのものが分かりやすいように評価していますので参考にしてください^^

善玉菌が配合された子供用歯磨き粉ブリアン

容量 0.5×60包
成分 デキストリン、フルクトオリゴ糖、エリスリトール、乳酸菌、香料
おすすめ度 ★★★★★
使える年齢 何歳からでもOK!

1包1回分の歯磨き粉です!配合の乳酸菌『BLIS M18』が洗浄成分ですから、小さな子供が飲み込んでも問題ありません!

BLIS M18は粒子が細かいので、歯と歯の間などにある歯垢を落とす手伝いをしてくれます。

さらに口内の乳酸菌を増やすことは、口の中の状態を整え虫歯菌を減らすことにも繋がるという説も!

BLIS M18は乳酸菌が生きたまま口に届くよう工夫をされた歯磨き粉です。子供が小さいうちから使用することでお口が虫歯になりにくい環境になったら嬉しいですよね。

これは個人的な感想になってしまいますが、試したどの子供用歯磨き粉よりも美味しいです。楽しく歯磨きを習慣付けたいならすごく使いやすいですね。

>> 一度ブリアンを試してみる!

6ヶ月から使えるフッ素配合歯磨き粉!チェックアップフォーム

容量 100ml
成分 グリセリン、プロピレングリコール、香料、キシリトール、ポリオキシエチレン硬化ヒマシ油、ラウリル硫酸ナトリウム、ポリビニルピロリドン、フッ化ナトリウム
おすすめ度 ★★★★☆
使える年齢 6ヶ月から

チェックアップフォームはフッ素を950ppm F配合した泡状の歯磨き粉です。子供なら6ヶ月から使用できることになっており、吐き出す必要はあるものの、口をすすがなくても大丈夫です。

ただ950ppm Fですと、小さな子供に使用する場合は歯磨き粉を付ける量に注意が必要です。詳しくホームページで図解されていますから、必ずチェックしてから使用しましょう。

6ヶ月から使用できると公式ページで説明されているものの、発泡剤が入っているので乳児での使用は控えたい気がします。

しかしフッ素配合量が多めなので子供の歯質を強化させたいという人にはおすすめです。どうしても使いたいなら毎回ガーゼでふき取るのがいいでしょう。

歯磨きの後に塗ってもいいかもしれません!

歯科医院にも置いてある子供用歯磨き粉チェックアップkodomo

容量 60g
成分 ソルビット液、無水ケイ素A、香料、キシリトール、サッカリンナトリウム、無水ケイ素、キサンタガム、ポリアクリル酸ナトリウム、ヤシ油脂肪酸アミドプロピルベタイン液、ラウリル硫酸ナトリウム、酸化チタン、フッ化ナトリウム、パラベン、ヒドロキシエチルセルロースジメチルジアリルアンモニウムクロリドム
おすすめ度 ★★★☆☆
使える年齢 6歳から

チェックアップkodomoは歯科専売品の子供用歯磨き粉です。

フッ素配合量が950ppm Fなのがおすすめする理由。フッ素の配合量が多いので歯質の強化が期待できます。何より価格が手頃ですから手に取りやすいですね。

低研磨、低発泡なので市販の歯磨き粉より断然おすすめです。

本当はダメですが、吐き出しができるようになってから5歳の子供がいちご味を数回だけ使ったことがあります。味が美味しくないと言うことはなかったですよ。

しかし本来、チェックアップkodomoの推奨年齢は6歳から。低発砲とはいえ泡立つ為、磨き残しが多くなってしまう可能性があります。6歳からの使用を考えているのなら、親の仕上げ磨きは忘れないようにしたいです。

赤ちゃん用品販売店でも買える!ピジョンジェル状歯磨き

容量 40ml
成分 フッ化ナトリウム、キシリトール、プロピレングリコール、グリセリン脂肪酸エステル、ラウリン酸ポリグリセリル、キサンタンガム、クエン酸ナトリウム、安息香酸ナトリウム
おすすめ度 ★★★☆☆
使える年齢 6ヶ月から

フッ素配合の歯磨きジェルです。6ヶ月から使用できるのが嬉しいですね!

フッ素は再石灰化をうながし歯質を強化したい子供にピッタリです。しかし配合量が500ppm F以上ないと効果がないという話も。

ピジョンのジェル状歯磨きにはフッ素の配合量表示がないので、歯質強化をできるのかどうかは微妙なのが残念です。

とはいえ、ピジョンのジェル状歯磨きは研磨剤や発泡剤を使っていません。ホームページには飲み込んで大丈夫と案内されています。

フッ素配合なので、本来は吐き出すのが望ましいですが、万が一飲み込んでしまってもさほど問題はなさそうです。

乳児の歯磨き練習には使いやすいでしょう。歯磨き粉としての効果云々よりも、使い勝手の良さという点では優れていると思います。

ナチュラルな成分で作られたヴェレダ歯磨き子供用

容量 50ml
成分 グリセリン、水、シリカ、アルギン酸Na、トウキンセンカ花エキス、アーモンド油、エスクリン、香料
おすすめ度 ★★☆☆☆
使える年齢 2歳(うがいができるようになって)から

オーガニック製品ブランドらしく、ナチュラル成分がメインの子供用歯磨き粉。

口の中の汚れを取りやすくする清掃材として、シリカを配合しています。泡立つ成分が入っていないので、磨き残しが出にくく使いやすそうです。

しかし、歯質を強化する、口内環境を整えるなどの効果を見込める成分は配合されていません。

ヴェレダ歯磨き子供用はナチュラル成分メインですが、うがいが出来るようになってからの使用をすすめています。口コミの中にはナチュラル成分だから飲み込んでも安心、というものもありましたが、やめておいた方がよさそうですね。

またヴェレダ歯磨き粉は独特な味があり、子供の好き嫌いが分かれます。味が好みならば続けて使うことで歯磨き習慣が身に付きやすいと思います!

柑橘系のフルーツ味が使いやすいパックスこどもはみがきジェル

容量 50ml
成分 水、ソルビトール、グリセリン、アルギン酸Na、キシリトール、カンゾウ根エキス、クマザサ葉エキス、ハッカ油、オレンジ油、グレープフルーツ果皮油、ラベンダー油、ローカストビーンガム、エタノール、ベニバナ油
おすすめ度 ★☆☆☆☆
使える年齢 2歳(うがいができるようになって)から

パックスこどもはみがきジェルは合成甘味料、合成界面活性剤、合成保存料無添加の子供用歯磨き粉です。

発泡剤、研磨剤を配合していないので子供の歯や口内に優しく使いやすいのは魅力的。しかも値段が手頃で購入しやすいです!

しかし口コミの中には子供用としてはミントの刺激が強く使えなかった、という声もありました。

また販売店が少なく探すのが大変なため、購入はamazonなどのネット通販がおすすめです。

決して悪いわけではないんですが、成分としては口がすーっとする感じが楽しめるかなというて度。歯磨き粉をつけずに磨いても虫歯の予防効果はさほど変わらない気がしたのでおすすめ度は低いです!

安心&美味しい歯磨き粉で子供の歯磨き時間を楽しくしよう


子供に歯磨き粉を使わせる最大のメリットは、歯磨きの時間を楽しくする、ということだと思います。

そこにプラスして、口内環境をよくする、歯質を強化する、体にできるだけ害が少ないなどの効果がプラスされればなお良いですね。

今回おすすめした歯磨き粉は、そういった面からするといずれも優秀だと思います。中でもブリアンは断トツ使いやすいですし、子供自身が大好きです。


歯磨き粉を使用したせいで磨き残しが増えた、味が好みではなく歯磨きを嫌がるようになった、というのなら逆効果。それなら歯磨き粉を使用しない方がマシです。

歯磨き粉を使う目的は、歯磨きを手早くすませるためのものではありません。虫歯にならない為に、予防として使うものです。

だからささっと磨けて、すっきり仕上がる歯磨き粉を選ぶのではなく、じっくりと時間をかけて磨くことが楽しくなるような歯磨き粉を選ぶことをおすすめします。

子供用歯磨き粉のよくある質問まとめ


歯磨き粉のよくある質問をまとめました!

3歳の子供が歯磨き粉を嫌がる!どうしたらいい?
味が好みじゃないんだと思います。

子供の好みの味の歯磨き粉って実はそんなに多くありません。3歳くらいだと特に口の中が泡立つのを嫌がったりもします。

親が子供の歯磨き粉を使ってみたらわかると思うんですが、結局は歯磨き粉ですからそんなにおいしくないです。親がおいしくないと感じるものは子供もおいしくないんだと思いますよ。

市販のものを軒並み試したけどダメだった、というならブリアンがおすすめです。
歯磨き粉にはフッ素が入っているものが多いけれど、フッ素は毒なんですか?
歯磨き粉に入っている程度のフッ素を飲んでも子供の体への被害はない、という意見が大多数です。

もちろん大量にとれば毒になります。意図的にフッ素洗口液を多量に飲むことはやめましょう。
子供が歯磨き粉の味が苦手。使えないでいたら虫歯になった。やっぱり歯磨き粉は使うべき?
歯磨き粉を使わないから、というよりブラッシングで磨き残しがあったから虫歯になったんだと思います。

歯の汚れを取るのに一番大切になってくるのはブラッシングです。歯磨き粉がどうしても苦手なら使わなくて大丈夫なので、その分しっかりブラッシングしましょう。
子供が歯磨き粉を使うと逆に虫歯になるってほんと?
歯磨き粉を使ったから虫歯になることはありません。歯磨き粉に頼りすぎて、ブラッシングが不十分になれば虫歯になります。

だからこそブラッシングに重点をおける、磨きやすい歯磨き粉を選ぶべきです。
子供の歯磨き粉って何の為に使うの?役割って何?
子供用歯磨き粉の役割について考えてみました。

  • 歯磨きを習慣付けるため
  • 歯質や口内環境を改善するため
  • 着色汚れをとるため

人によって歯磨き粉を使う目的は違いますが子供の場合、私がおもいつくのは上の3つくらいですね。

私の個人的な意見として、子供の歯の着色汚れについてはさほど重視していません。歯医者に行って磨いてもらえば将来的に取れる汚れなので。

だから、できるだけ子供が歯磨きを楽しく習慣つけられるような歯磨き粉を選んでいます。
子供には歯磨き粉を使った方がいい?今まで歯磨き粉やジェルを使わずに磨いてきている。
歯磨き粉をつけずとも子供が楽しくしっかり歯磨き習慣をつけられるのであれば、無理やり歯磨き粉を使わせる必要はありません!

もちろん子供の意見が歯磨き粉を使いたいといい始めたのなら一緒に選んでいいと思います。

歯磨き粉を選ぶ時にはあまり泡立たないもの、低研磨のものを意識して選ぶとしっかりしたブラッシングを続けやすいです。

おすすめの子供用歯磨き粉はブリアン!


私が子供用の歯磨き粉を選ぶにあたって1番重点をおきたいポイントは子供が楽しく安全に使えるかどうか。

その点においてブリアン以上におすすめの歯磨き粉は今のところ見つかっていません

飲み込んでも大丈夫、口をすすぐ必要もなく、善玉菌を配合していて口内環境をととのえる効果が期待できます^^

もちろん味もすごくおいしくて、子供も大好きです。

もちろん何を基準に子供用歯磨き粉を選ぶかは考え方次第です。しかし迷っているならぜひ1度ブリアンも試してみて欲しいです。

60日間返金保証もありますから、ひとまず損はないかと思います!